旅行記

スポンサーリンク
DSC9615 320x180 - 【北海道 稚内】3時間の旅。日本本土最北端・宗谷岬へ。 旅行記

【北海道 稚内】3時間の旅。日本本土最北端・宗谷岬へ。

端っこにはロマンがある。 旅人である以上、ポルトガルのロカ岬でユーラシア大陸の最西端を感じてみたいし、南米のパタゴニアにも行ってみたい。そんな願望こそあれ、現実には希望峰ぐらいしか行ったことがない。 希望峰は素晴らしい晴天に恵...
DSC9564 320x180 - 【北海道 礼文島】なだらかな山と海の絶景(3)-日の出、使われない空港、北のカナリアパーク。 旅行記

【北海道 礼文島】なだらかな山と海の絶景(3)-日の出、使われない空港、北のカナリアパーク。

この日はせっかく集まった仲間たちと飲んでいたかった。 利尻島についた日は、その翌日の利尻岳に登るために3時半に起きればならず、早く寝る必要があったためほとんど飲んでいない。利尻岳に登った日は眠たすぎてお酒どころではなかった。だからこ...
2020.10.20
DSC9467 320x180 - 【北海道 礼文島】なだらかな山と海の絶景(2)-礼文島のハイライト!澄海(スカイ)岬とスコトン岬 旅行記

【北海道 礼文島】なだらかな山と海の絶景(2)-礼文島のハイライト!澄海(スカイ)岬とスコトン岬

トド肉にありつくことができなかった僕たちはほんの少しだけガッカリしながら気を取り直して先に向かうことにする。そう、この澄海岬に行った後にはスコトン岬にいって夕日を眺めて感動した後、温泉に行く、ご飯を食べる、お酒を飲む、翌日朝日を見にいくと...
2020.10.19
DSC9410 320x180 - 【北海道 礼文島】なだらかな山と海の絶景(1)一泊二日の島の旅の始まり。 旅行記

【北海道 礼文島】なだらかな山と海の絶景(1)一泊二日の島の旅の始まり。

往復10時間ぐらいかけて利尻岳を昨日登ったというのに、一晩寝たら僕たちは何事もなく体力が復活していた。私は疲れると頭が痛くなってくるみたいで昨日はちょっと頭が重たかったが今日は何てことはない。 乗り込んだフェリーから見る利尻岳は今日...
2020.10.18
DSC9358 320x180 - 【北海道 利尻岳】神々しさと海。最北端の百名山。北麓野営場から利尻岳への道のり 旅行記

【北海道 利尻岳】神々しさと海。最北端の百名山。北麓野営場から利尻岳への道のり

利尻岳は北海道の利尻島にある山で、日本最北の百名山である。 その美しい山容から「利尻富士」と呼ばれることもある。 利尻岳はコースタイムが登り6時間、下り5時間の11時間とされており、朝4時にでも麓に戻ってくるのは昼間15時ぐら...
2020.10.18
DSC9759 320x180 - 【青森 恐山】青森に行ったら絶対に行きたいおどろおどろしい霊場。恐山に行ってみた。 旅行記

【青森 恐山】青森に行ったら絶対に行きたいおどろおどろしい霊場。恐山に行ってみた。

「今日は雨の予報のまま変わらないね。案の定昨日よりもひどいみたい。」 浅虫温泉で久しぶりに食事付きのホテルに泊まった私たちの今回の旅は雨だ。 昨日の八甲田山は小雨と言ったところで、不愉快ではあったが歩けないわけではなかった。し...
2020.10.11
DSC9068 scaled - 【上高地 焼岳】初心者〜中級者にオススメ!前泊・日帰りで行ける上高地登山。山容の美しさと格好良さを感じる活火山 焼岳 旅行記

【上高地 焼岳】初心者〜中級者にオススメ!前泊・日帰りで行ける上高地登山。山容の美しさと格好良さを感じる活火山 焼岳

たとえ涸沢までのハイキングだとしても、できれば泊まりで出かけたかった。金曜日の夜発で四人で行くはずだった涸沢だが、友人が一人都合が悪くなったからと予約していた涸沢ヒュッテを急遽キャンセルした。 気分は最悪だ。今年初のテント泊登山がで...
2020.09.16
DSC7627 scaled - 【ペルー クスコ】雨と光と爆竹と。2020年へのカウントダウン(6)クスコの初日の出 旅行記

【ペルー クスコ】雨と光と爆竹と。2020年へのカウントダウン(6)クスコの初日の出

気が張っていれば睡眠時間が短くてもなんとかなる。特に旅の途中は目が覚める。いや、実際は目が覚めなくてひやっとした経験もある。 クスコで迎えた2020年の元旦も、ちゃんと日の出前に目覚めることができた。
2020.02.02
DSC7098 scaled - 【ペルー クスコ】雨と光と爆竹と。2020年へのカウントダウン(5)宿に帰ろう 旅行記

【ペルー クスコ】雨と光と爆竹と。2020年へのカウントダウン(5)宿に帰ろう

カウントダウンが終わったところで、当然新しく始まった2020年のドサクサではしゃぐ者でアルマス広場は大賑わいのままだ。 雨が降り続いていることも影響しているのだろう、潔く帰ってしまう者も多い。まだあちらこちらで爆竹が鳴ったりしている...
2020.02.02
IMG 5919 scaled - 【ペルー クスコ】雨と光と爆竹と。2020年へのカウントダウン(4)アルマス広場のカウントダウン 旅行記

【ペルー クスコ】雨と光と爆竹と。2020年へのカウントダウン(4)アルマス広場のカウントダウン

「30、29、28、・・・」私は電波を受信しており正確であると信じている左腕の白いG -SHOCKを見ながらカウントダウンを始める。 2020年まであと30秒を切った。 一緒にいた日本人宿で出会った人も何人か一緒にカウントダウ...
2020.02.02
DSC7560 scaled - 【ペルー クスコ】雨と光と爆竹と。2020年へのカウントダウン(3)〜アルマス広場 旅行記

【ペルー クスコ】雨と光と爆竹と。2020年へのカウントダウン(3)〜アルマス広場

先日、カサデルインカで聞いた話によると、2020年へのカウントダウンのラッキーカラーはイエローとのことであった。 特に私は何も用意しなかったが、街の中では黄色の小物やパンツが売られていた。内側から幸せになるのも悪くない。
2020.02.02
IMG 5900 - 【ペルー クスコ】雨と光と爆竹と。2020年へのカウントダウン(2)年を越すには 旅行記

【ペルー クスコ】雨と光と爆竹と。2020年へのカウントダウン(2)年を越すには

2019年最後のシャワーを早々に浴びて気持ちをリセットした私は、旅の先輩からご教示いただいたイベントの準備に取り掛かる。 まず、三階のキッチンに向かう。
2020.02.02
DSC7600 scaled - 【ペルー クスコ】雨と光と爆竹と。2020年へのカウントダウン(1)大晦日のゲストハウス 旅行記

【ペルー クスコ】雨と光と爆竹と。2020年へのカウントダウン(1)大晦日のゲストハウス

「うわーめっちゃ降ってるねー。カウントダウンこの中やるんだよね・・」 そんなことを言いながら、マチュピチュ村(旧アグエスカリエンテス)からクスコに戻るインカレイルから降りて駅から出ていく。 バックパックを前後に背負っている上、...
2020.02.02
P9150383 - 【燕岳-大天井岳-常念岳-蝶ヶ岳 縦走録(5)】蝶ヶ岳で見た最高の夕景 旅行記

【燕岳-大天井岳-常念岳-蝶ヶ岳 縦走録(5)】蝶ヶ岳で見た最高の夕景

確かにテーブルマウンテンで見た夕日も最高だった。ナミブ砂漠の黄昏も素晴らしい。日常では仕事中に窓から見える夕焼けも美しい。 しかし、この夕景ほど体験と結びつくものは思い出せない。
2019.10.11
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました