旅行記

スポンサーリンク
DSC07367 320x180 - 【北海道 道東登山旅(3)雌阿寒岳】北海道の絶景を。活火山 雌阿寒岳の登山 旅行記

【北海道 道東登山旅(3)雌阿寒岳】北海道の絶景を。活火山 雌阿寒岳の登山

最終日だ。 最終日に登山というのは漠然と緊張する。私は多少天然なところはあるという説もあるのだが、メンタルが強いわけでもなくおそらく鈍感な方でもないと信じているため、こういうときは落ち着かない。飛行機になる際に空港にも早めに行ってし...
DSC07321 320x180 - 【北海道 道東登山旅(2.5)】斜里岳と阿寒岳の間は阿寒湖・キャンプ場でダラダラとリフレッシュ(ともいかない) 旅行記

【北海道 道東登山旅(2.5)】斜里岳と阿寒岳の間は阿寒湖・キャンプ場でダラダラとリフレッシュ(ともいかない)

予定通りではあるのだが12時台に下山するとその後に何をやればいいのか困ってしまう。 何かアクティビティをするには疲労している上、明日の登山のことを考えると体力は残したい。 そう、昨日の羅臼岳、今日の斜里岳、明日の阿寒岳(雌阿寒...
2022.08.07
DSC07270 320x180 - 【北海道 道東登山旅(2)斜里岳】なんて楽しいの。沢沿いを登る自然のアスレチック! 旅行記

【北海道 道東登山旅(2)斜里岳】なんて楽しいの。沢沿いを登る自然のアスレチック!

「この山、すっごい楽しいですね!」 「本当に。こんなに楽しい山、初めてかもしれない」 登山中にすれ違った人生の先輩とそんな言葉を交わした。 そう、斜里岳は登るという行為が楽しいのだ。 * * * 私は...
2022.08.07
b17ab912ead3b95024c3ac2b8b53a1ee 1 320x180 - 【北海道 道東登山旅(1.5)羅臼岳下山〜斜里岳】旅は行き当たりばったり。下山後の温泉と清里オートキャンプ場 旅行記

【北海道 道東登山旅(1.5)羅臼岳下山〜斜里岳】旅は行き当たりばったり。下山後の温泉と清里オートキャンプ場

羅臼に登った後、泊まる場所をはっきりと決めねばならぬ。 大方の方々がそうのように私も例に漏れず 羅臼→斜里→阿寒 と三座踏破の予定で、翌日は斜里岳だ。漠然ととまる場所の当たりはつけていたため、そこのキャンプ場に向かうことにする。今回...
2022.07.14
DSC07189 1 320x180 - 【北海道 道東登山旅(1)羅臼岳】ヒグマに怯えながらの羅臼登山。澄み渡る空、最高にかっこいい。 旅行記

【北海道 道東登山旅(1)羅臼岳】ヒグマに怯えながらの羅臼登山。澄み渡る空、最高にかっこいい。

3時AMになった。ろくに寝られていないがそれは大体の登山と同様である。 7月上旬とはいえ知床の朝は寒く、寝起きでは身体が十分に動かせない。とはいえ15℃程度ではあろうが連日35℃越えだったため体の慣れの問題である。 まずは風呂...
2022.07.14
f7db460f02dd2dd9d33a0faa4d67f38c 320x180 - 【北海道 道東登山旅(0)】百名山巡る旅!羅臼岳・斜里岳・雌阿寒岳への旅(導入編) 旅行記

【北海道 道東登山旅(0)】百名山巡る旅!羅臼岳・斜里岳・雌阿寒岳への旅(導入編)

旅に出る時はいつもそうだ。 飛行機を取るときはなぜかストレスがあるし、前日は思っているほど高揚感がない、いや、それどころか面倒くさくさえある。何度出掛けていてもそうなのだ。 * * * 今回は成田からのLCC。行...
2022.07.12
DSC05957 320x180 - 【宮崎・鹿児島】願わくば晴れ。うまく行かない登山前日、霧島 緑の村 にて。 旅行記

【宮崎・鹿児島】願わくば晴れ。うまく行かない登山前日、霧島 緑の村 にて。

ゾクっとする底冷えで目を覚ました。 啓蟄は随分前に過ぎて春分の日だっていうのになんて寒さだ。標高は600メートルとかいうからそれなりに高いことはわかっているが、どうしても25℃近くを東京で過ごした後だから鹿児島は暖かいに違いないとミ...
2022.03.26
DSC03116 320x180 - 【立山:剱沢キャンプ場→富士ノ折立→雄山(3)】9月の冷え込む立山と聳える剱岳眼前の剱沢テント場 旅行記

【立山:剱沢キャンプ場→富士ノ折立→雄山(3)】9月の冷え込む立山と聳える剱岳眼前の剱沢テント場

剱沢テント場に到着すること、剱岳が正面に見えた。と思ったら消える。そんな繰り返しの空。 まず私たちは幕営する場所を探す。広大なテント場で、コロナ禍においても予約せずでテントを張らせてもらえるのも頷ける広さだ。 ...
2021.10.01
20210925 DSC04202 320x180 - 【涸沢カール】気がつけば初のソロキャン!?涸沢カールで山ご飯!と仙人のお言葉。 エッセイ

【涸沢カール】気がつけば初のソロキャン!?涸沢カールで山ご飯!と仙人のお言葉。

奥穂高、北穂高を登って下山した僕は、涸沢小屋のテラスを陣取ってソフトクリームを食す。 それだけでは足らず、なんかお腹が空いてしまって、甘いカフェオレを入れて適当な行動食をわしわしと食べる。そう、お昼を食べていないことを忘れていた。 ...
2021.10.01
DSC04147 320x180 - 【奥穂高岳から北穂高岳:白出のコル(3)】高度感のある涸沢岳から北穂高岳。岩稜地帯をすり抜けて・・・ 旅行記

【奥穂高岳から北穂高岳:白出のコル(3)】高度感のある涸沢岳から北穂高岳。岩稜地帯をすり抜けて・・・

涸沢岳をサクッと抜けて北穂高に向かうことにする。奥穂高岳・涸沢岳から北穂高岳へのルートに関する情報は非常に少ないが、察するに険しいだろう。 多少は想像していたのだが、始終岩稜地帯だ。梯子や金属棒で足場が作ってあるところも少なくない。...
2022.07.05
DSC04104 320x180 - 【奥穂高岳から北穂高岳:白出のコル(2)】パノラマ!まずは奥穂高岳へ登頂、そして涸沢岳へ。 旅行記

【奥穂高岳から北穂高岳:白出のコル(2)】パノラマ!まずは奥穂高岳へ登頂、そして涸沢岳へ。

ザイテングラートを終えると白出(しらだし)のコル、すぐそこに穂高岳山荘があった。 当初のプランではここにテントを張ろうか悩んでいたのだが、ザイテングラートとやらが結構大変という話を聞いて、そんなに岩場の経験もないため控えることにして...
2022.07.05
DSC04089 320x180 - 【奥穂高岳から北穂高岳:白出のコル(1)】涸沢ベースキャンプから奥穂高。ザイテングラートでの朝焼け 旅行記

【奥穂高岳から北穂高岳:白出のコル(1)】涸沢ベースキャンプから奥穂高。ザイテングラートでの朝焼け

【今回のルート】 Day0:渋谷→(夜行バス)→上高地 Day1:上高地→横尾→涸沢カール Day2:涸沢カール→ザイテングラート→奥穂高岳(白出のコル)→涸沢岳→最低のコル→北穂高岳→涸沢カール Day3:涸沢カ...
2022.07.05
DSC03024 320x180 - 【立山:剱沢キャンプ場→富士ノ折立→雄山(2)】ガスの室堂と剱沢テント場への道 旅行記

【立山:剱沢キャンプ場→富士ノ折立→雄山(2)】ガスの室堂と剱沢テント場への道

「久しぶりー」 久しぶりの人もそうでもない人もいるが、室堂で長野扇沢側からやってきた仲間ととぬるっと合流した。 今回のパーティは6人とちょっと多め。1人知らない若者Sがいたので挨拶をしておく。最近知り合った旅好きな山仲間Mの友...
2021.09.30
IMG 9435 320x180 - 【立山:剱沢キャンプ場→富士ノ折立→雄山(1)】富山側から立山・雲の中の室堂へ。アルペンルートの進み方。 旅行記

【立山:剱沢キャンプ場→富士ノ折立→雄山(1)】富山側から立山・雲の中の室堂へ。アルペンルートの進み方。

【今回のルート】一泊二日 Day0:石川→富山 Day1(曇り):富山→7:40立山ケーブルカー→8:50室堂→剣沢キャンプ場 Day2(晴天):6:00頃 剣沢キャンプ場→富士折立→雄山→室堂→15:00頃 扇沢→東京...
2021.09.30
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました