公開日: 更新日:

スペイン語入門、の前に!スペイン語の仕組み(1)単語編

Colón descubrió Amérca.

コロンブスはアメリカを見つけた。

基本的にローマ字読みをすればいい。って言うのがスペイン語。アクセント記号が上についています。

こんな感じで、スペイン語の基本的なところを見ていきましょう。

Advertisement

日本で耳にするスペイン語

Jリーグに多い!

Jリーグはスペイン語由来のチーム名がいくつかあります。例えば・・

・マリノス(marinos)→船乗り (ちなみにmarが「海」)

・セレッソ(cerezo)→桜

・アビスパ(avispa)→蜂

です。蜂って・・・笑

ちなみに京都サンガF.C.のサンガはサンスクリット語で「坊主」(と言うか「僧」)です。昔は紫坊主だったことになる。

海は上述のようにmarですが、それが由来で船の名前に「〜丸」ってつけるようになったとか。本当かよ・・・

キクタン スペイン語【入門編】

新品価格
¥2,160から
(2019/1/26 19:20時点)

食べ物

フランシスコザビエルさんが日本にやってきてからキリスト教とともに日本にスペイン語・ポルトガル語なども流れ込んできています。

スペイン語もラテン語なので、これらに共通するものは多いですが、食べ物にもそれなりにあります。

・パン(Pan) ・・・フランス語でも同じ

・カステラ (Castilla;カスティーリア) ・・・スペインではビスコッチョと言う名前のお菓子。カステリア地方のお菓子、と言うことでこう言う名前になりました。

・おじや(Olla;オジャ) ・・・そうらしい。

・カラメル(Calamero;カラメロ)・・・キャンディーのこと全般。

世界の中のスペイン語と地名

スペイン語は20カ国で公用語となっています。ヨーロッパではスペインのみ、アフリカでは赤道ギニアのみ、ラテンアメリカでは18カ国。話者数は4億人を超えると言われていて、世界3位!

人口で最も多いのはメキシコ(メヒコ、とスペイン語では読みます)。

そんなスペイン語がついた地名はたくさんあります。ちなみに形容詞は後にかかります。

国名

・プエルトリコ(Puerto Rico)・・・「豊かな港」。つまり、プエルトが「港」でリコが「豊かな」。

・エクアドル(Ecuador)・・・「赤道(Ecuador terrestre)」が由来。

・コスタリカ(Costa Rica)・・・「富める海岸」。

地名

・ロサンジェルス(Los Ángels)・・・「天使たち」。

・ラスベガス(Las Vegas)・・・「沃野」。漢字の通り、よく肥えた土地。

・ネバダ(Nevada)・・・「雪が積もった」。

・フロリダ(Florida)・・・「花が咲いた」。

・ブエノスアイレス(Buenos Aires)・・・「良い空気」

こんな感じでたくさんあります。飲み会の時にでもひけらかしましょう。

人名のしくみ

姓名

Pablo Ruiz Picassoさん、日本でよく呼ばれるピカソさんです。三つの区切りがそれぞれ

「個人名+父方姓+母方姓」と言う順に並んでいます。

つまりPicassoは母方の名字ということです。あくまでも一般名で、本名にすると、

Pablo Diego José Francisco de Paula Juan Nepomuceno María de los Remedios Crispín Crispiniano de la Santísima Trinidad Ruiz y Picasso

がピカソのフルネーム。聖職者の名前をつけた人がいたるところにいるから複数の名前をつけていいとか。

ちなみに画家のダリさんは

Salvador Domingo Felipe Jacinto Dalí i Domènechがフルネーム。

敬称

ミスターとかそういうのに当たるやつ。

男性は Sr. — señor(セニョール)で、既婚女性はSra. —señora(セニョラ)、未婚女性がSrta. —señorita(セニョリータ)。

尻尾と頭

尻尾の部分

英語のように最後4文字が”-tion”で終わるものは”-ción” “-sión”となるものが多い。例えば

station → estación エスタシオン

action → acción アクシオン

vacation → vacación バカシオン

television → televisión

他には英語の最後2文字が “-ty”で終わるものは”-ty”をのぞいて”-dad”にするとスペイン語になる例が多くあります。

society → sociedad ソシエダッ

variety → variedad バリエダッ

頭の部分

英語で”s+子音”で始まるものはスペイン語では”es-“で始まります。あくまでも頭の部分だけです。例えば

student → estudiante エストォディアンテ

school → escuela エスクエラ

space → espatio エスパシオ

ski → esquí エスキ

studium → estadio エスタディオ

のような感じ。

* * *

先ずはこれぐらいで。はい、Entiendo.(わかりました)。ちなみにNo entiendoで「わかりません」。

勉強していきましょう。英語とか他の言語を勉強したことがある人であれば物事の捉え方や考え方の違いがわかったりするのが語学の面白いところですね。難しいけれど。

この本、スペイン語を勉強をするためにとってもオススメです。

キクタンスペイン語【初中級編】

新品価格
¥2,376から
(2019/2/3 22:56時点)

Advertisement