観光

スポンサーリンク
DSC04939 320x180 - 【エジプト】旅人が知っておきたいエジプトの概要とモデルコースの作り方 国・街ガイド

【エジプト】旅人が知っておきたいエジプトの概要とモデルコースの作り方

エジプト。 ロマンの塊のような響きではないか。 四大文明の一つで、ナイルのたまもので、ピラミッドがあって、砂漠で、湾岸戦争とかでいざこざがあって… そんなエジプト、コロナ明け4発目の旅ということ、23年年末~24年年始に...
IMG 1523 320x180 - バックパッカーのザックの容積は何リットルが最適?靴、三脚、衣類・・・バックパッカー初心者のための旅の持ち物まとめ Tips

バックパッカーのザックの容積は何リットルが最適?靴、三脚、衣類・・・バックパッカー初心者のための旅の持ち物まとめ

初めてバックパッカーの旅に出る方、もしくはバックパッカーの旅に出ても荷物がそれが最適だったかわからない方、いるんじゃないでしょうか。 私が三週間の南米旅に行った時の荷物を全て紹介します。日数が長くてもほぼ変わらないと思います。また地...
2023.01.24
DSC09160 320x180 - 【アルゼンチンエルチャルテン】赤く燃えるフィッツロイを見に行こう。エルチャルテンからロス・トレス湖にナイトハイクをした話(3/3) 旅行記

【アルゼンチンエルチャルテン】赤く燃えるフィッツロイを見に行こう。エルチャルテンからロス・トレス湖にナイトハイクをした話(3/3)

登山口は予想通り真っ暗。同じように朝焼けを見るために今から歩き始める人が大勢いると思っていたが、どうやら非常にマイノリティのようで、登山口にフランス人女性2人組がいた以外には誰もいない。朝焼けが見たい者はどうやらテント泊するようだ。みんな...
0894A495 DFAB 4C0F A2F9 3D69921D9DFD 320x180 - 【アルゼンチン エルチャルテン】赤く燃えるフィッツロイを見に行こう。エルチャルテンからロス・トレス湖にナイトハイクをした話(2/3) 旅行記

【アルゼンチン エルチャルテン】赤く燃えるフィッツロイを見に行こう。エルチャルテンからロス・トレス湖にナイトハイクをした話(2/3)

ひとり旅の移動時間や待ち時間、何をするかは非常に重要な問題だ。しかも旅なんてものは何か観光している時間よりも移動時間や待ち時間の方が長いと言っても過言ではない。 スマートフォンを見るのは控えるとして、せっかく遠い大地を眺めるのであれ...
2023.01.17
IMG 1415 320x180 - 【アルゼンチンエルチャルテン】赤く燃えるフィッツロイを見に行こう。エルチャルテンからロス・トレス湖にナイトハイクをした話(1/3) 旅行記

【アルゼンチンエルチャルテン】赤く燃えるフィッツロイを見に行こう。エルチャルテンからロス・トレス湖にナイトハイクをした話(1/3)

旅にのめり込んだきっかけはあるものの、登山にのめり込んだきっかけはどうにも明確には答えられない。 周りの人たちは「北アルプスで見たご来光がすごかったから」とか「仲間と食べる山ごはんが最高だったから」とかちゃんと返ってくる。確かに俺も...
2023.01.22
DSC09844 320x180 - 【チリ イースター島】僕はモアイの前で今日も「哲学する」。(3/3) 旅行記

【チリ イースター島】僕はモアイの前で今日も「哲学する」。(3/3)

ざっくりとパタゴニア、イースター島、サンペドロ・デ・アカタマ、ウユニ、ラパスと巡ってきたが、いずれの地にも犬が放し飼いされているのが実に気になる。放し飼いこそされていないものの、NYの地下鉄に狼みたいな風貌の動物を連れて乗り込んできた...
2023.01.09
DSC09759 320x180 - 【チリ イースター島】僕はモアイの前で今日も「哲学する」。(2/3) 旅行記

【チリ イースター島】僕はモアイの前で今日も「哲学する」。(2/3)

世の中にはいろんな種類のハーブやスパイスが常用されており、世界各地に広がっている。 ミントはキューバでモヒートにされるし、本当かどうかよくわからないけど大航海時代には胡椒を巡ってコロニアリズムが広がったとか。コロンブス氏はカリブ海の...
2023.01.10
DSC09560 320x180 - 【チリ イースター島】僕はモアイの前で今日も「哲学する」。(1/3) 旅行記

【チリ イースター島】僕はモアイの前で今日も「哲学する」。(1/3)

謎はあったほうがいい。 そんなこと言われても道理に合わないことは基本的に認めたくないし、生物の進化の考え方にも反することは「どうなんだろ」と疑ってしまう。例えば猫の不可解な行動は理解に苦しむし、必ずしも快適ではない土地にわざわざ暮ら...
2023.01.22
DSC00660 320x180 - 【ボリビア ウユニ塩湖】ウユニ塩湖の星空を(ほぼ)独り占めした話(3/3) 旅行記

【ボリビア ウユニ塩湖】ウユニ塩湖の星空を(ほぼ)独り占めした話(3/3)

ランドクルーザーは照明のない一本道を漆黒に向かって走った。 真っ暗な空と真っ暗な大地でどのあたりとは覚束なくなっている地平線が幻想的で美しい。闇夜では、時折くる向かいからのクルマのヘッドライトがいかに眩しいものなのか、またその逆に僕...
2023.01.09
02afaa87eb39d3697cbc42e965751afc 320x180 - 【ボリビア ウユニ塩湖】ウユニ塩湖の星空を(ほぼ)独り占めした話(2/3) 旅行記

【ボリビア ウユニ塩湖】ウユニ塩湖の星空を(ほぼ)独り占めした話(2/3)

課金しよう。 このボリビアとかいう山間部国家に改めて訪問のは100USDどころではない。ケチって後悔するなんて己を許すまじ(そういえばこの課金という言葉は今回出会ったツアー同乗者の日本人2人もしょっちゅう同じ表現をしていた)。 ...
2023.01.09
DSC00469 320x180 - 【ボリビア ウユニ塩湖】ウユニ塩湖の星空を(ほぼ)独り占めした話(1/3) 旅行記

【ボリビア ウユニ塩湖】ウユニ塩湖の星空を(ほぼ)独り占めした話(1/3)

人間なのでミスはある。医療業界や航空業界がよく例示されるが、当然どのような業界でもヒューマンエラーは存在するのだ。 ヒューマンエラーはなくすことはできないため、複数の障壁を設けたり、ダブルチェックといったヒューマン的対策をしたり、そ...
2023.01.22
08558229609ae252c30ba24f7bf9d2aa 320x180 - 【チリ イースター島(イスラ・デ・パスクア / ラパヌイ)】観光再開!コロナ禍を経たイースター島へ入る条件と注意事項 Tips

【チリ イースター島(イスラ・デ・パスクア / ラパヌイ)】観光再開!コロナ禍を経たイースター島へ入る条件と注意事項

絶海の孤島として知られるイースター島、現在は入島することができます。コロナ前とは少し変わっているようなのでその情報をお伝えします(2022年12月中旬の情報です)。 なお「イースター島」と呼ぶことはほとんどなく、スペイン語で「イスラ...
2023.01.22
DSC07367 320x180 - 【北海道 道東登山旅(3)雌阿寒岳】北海道の絶景を。活火山 雌阿寒岳の登山 旅行記

【北海道 道東登山旅(3)雌阿寒岳】北海道の絶景を。活火山 雌阿寒岳の登山

最終日だ。 最終日に登山というのは漠然と緊張する。私は多少天然なところはあるという説もあるのだが、メンタルが強いわけでもなくおそらく鈍感な方でもないと信じているため、こういうときは落ち着かない。飛行機になる際に空港にも早めに行ってし...
DSC07473 320x180 - 【秋田 男鹿半島】一度は行くべし!風光明媚な男鹿半島を巡るモデルコース 国・街ガイド

【秋田 男鹿半島】一度は行くべし!風光明媚な男鹿半島を巡るモデルコース

北東北。 なまはげで有名な秋田の男鹿半島。 その男鹿半島のモデルコースをご紹介します。 * * * 男鹿半島とは? 男鹿半島(おがはんとう)は秋田の西側にある日本海に突き出た半島。大半が男鹿市にあり、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました