公開日: 更新日:

クロノスとカイロス。時間ってなんだろう。

クロノスとカイロス。時間ってなんだろう。

今回は時間の話。クロノスとカイロスという二つの概念。

大好きな某Podcastでも取り上げられていましたし、興味深かったので調べてみました。

Advertisement

クロノス:

ラジオ番組。朝からテンポよくニュースやトークがクセになる。しかし個人的にはTOKYO MORNING RADIO派。

カイロス:

ポケモン。クワガタみたいなやつで、昔は一撃必殺の技を覚えた。サファリパークぐらいでしか出ないレアキャラだったが、そのビジュアルからストライクの人気には足元にも及びません。

 

ってみんな思ったはず!

今回はそういうことではなく、今回は時間の話。

 

クロノスは一定に流れる時間。物理学的な、量的な時間。物理学的には伸びるし、縮む。

カイロスは主観的な時間。心理学的な、質的な時間。体験したことあるように、楽しいことはあっという間。瞬間であり、タイミング。

 

両方ともギリシャ神話の神様なんだとか。

サラリーマンとかしてて、ただ漠然と流れていく平日。山に行ったり、旅に出たりする休日。クロノスもカイロスも並存していて、捉え方が違うのだろう。

カイロスは多分平日にも落ちてて、それに気がつかないだけだったり、気づける人が仕事を楽しんだり昇進したり、ってことなのか。

両方とも伸び縮みするけれど、進んでいくし、引き返せないってことだ。

 

 

「チャンスの神様は前髪しかない。」

カイロスの写真を見てください(ウィキペディア)。

ほら、前髪しかない。だから、過ぎ去って行ったときにはもう遅い!ということのようです。でも羽は生えてるからそれをつかめば良い!?

 

クロノスとカイロスは名前は似ているけれど、ラジオ番組とポケモンぐらいの違いはある。

クロノスは一次元だけれど、カイロスは二次元以上なのだろう。

 

(2017年7月31日の旧はてなブログからの再掲、一部改変)

Advertisement