旅人が買ってよかったというバックパッカーたち旅人に便利なアイテム5選!

P8121781 - 旅人が買ってよかったというバックパッカーたち旅人に便利なアイテム5選! Tips
バックパックの中身

旅は結構荷物が嵩む。私の場合どちらかというとものを多くしてしまう方で、35〜40リットルぐらいが最小。私の周りもいろいろいるが、基本的に40リットルで二週間前後で旅をするケースが多いようなので似たようなものだろう。

そんな私の仲間が推める便利アイテムを5つ取り上げてここでは紹介する。S字フックとかも便利だがそういう話ではない、愛すべきアイテムたちだ。

スポンサーリンク

暑いところに行くにはとても重宝!キーンのサンダル

とにかく一番お勧めされるのがキーンのサンダル。

このサンダルの特徴は「つま先を守ってくれる、走れる、グリップ力、靴下をはける」が挙げられる。

つま先が空いたものだとチャコやTevaも有名だが、つま先を守ることは旅先だと結構重要。靴下を履けるため飛行機や空調が効いた空間でも冷えすぎることがない。これ一足で旅が全てできてしまう優れもの。これでアジアや暑い地域に行くときはとにかくこれが便利なのだ。

速乾タオル、の中でも特にすぐに乾く!ミズノのタオル

「速乾タオルって、案外速乾じゃないんだよね・・・」という方、こいつは違います。絞ればほぼ水をゼロまで

タオルというかスポンジに近いのだろうか。乾くとパリパリになり、水を含むとふにゃふにゃになる。ふにゃふにゃになればタオルとして機能する。またその水を絞ることができる。その場合はパリパリまではいかないがぱにゃぱにゃになる。

ぱんにゃぱにゃの状態で再度水を吸わせ、それを絞るという使い方をする。まだ濡れた衣類があればそれをくるくるこのタオルで巻けば水をこのタオルに移すことができて衣類を乾かすことができる。

濡れた状態のタオルを運ばなくていいためこれは重宝できる。

スマートフォンのライトって片手塞がってやりにくいよね・・・ということで赤い光が出るヘッドライト!(どれでも良い)

ドミトリーで暗い中で荷造りをするとき、スマートフォンで照らそうとすると片手が塞がって案外やりにくい。やっぱり便利なのがヘッドライト、しかも赤い光に調整できるやつ。

赤い光は眩しいと感じません。なので暗いところで自分が眩しく感じることなく、また他の宿泊客の迷惑にもなりません。

荷造りの時だけなくトレッキングをするときなどにも普通に重宝します。高いものでなくてもお持ちください。

長距離のフライトには特にこれ!BOSEのノイズキャンセリングイヤホン(有線)

BOSEのノイズキャンセリングイヤホンは素晴らしい。ただし有線。ワイヤレスはワイヤレスで便利なのでそちらは必要に応じてご使用ください。でもやっぱり有線。

有線を勧めるのは「飛行機の中で映画を見るときに使用することができるから」。

街中や移動中であればワイヤレスが望ましいのですが、飛行機の映画でそのワイヤレスは使えません。このBOSEのノイズキャンセリングイヤホンがあれば全く違う世界が。

鞄に忍ばせて置けるこのサイズ感!ノースフェイス/パタゴニアのパッカブルジャケット

どれだけ暑いところに行っても空調が効きすぎていたり、夜は冷えたりと温度調整が難しい。ダウンを持っていくの大袈裟だけど、ウィンドブレーカーも嵩むし・・・という方にはこれ。

ノースフェイスのやつはちょっと嵩む。もっと小さくなる薄手のものもあったが今は調べても出てこない。

とにかくコンパクトで柔軟な対応ができる。日常生活でも使うことができる優れもの。

番外編!こんなのもいいという声が!

海に行くならこれもあり。パタゴニアのバギーズショーツ

パタゴニアのバギーズショーツ(パンツ)。メンズですが、水陸両用のパンツです。なのでこのまま海に入ったりすることができます。下着不要です。デザイン的にも陸上ではいても問題ない仕様。

結構便利です。

* * *

いかがだっただろうか。

個人的にはこの全てが愛すべきコンパクト/旅を便利にするアイテムたちだ。旅仲間たちも絶賛するものたち。是非ご検討ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました